お客様の気持ちに寄り添う制作

 > 企業向けサービス

企業向けサービス

企業がサービスを提供しているのは必ずしも一般消費者のみとは限りません。お客様という立場に立つ人は、その企業の業種によって様々に変化していきます。例えばスーパーであれば、基本的に顧客となるのは主婦や一人暮らしをしている若者達が多いでしょう。老若男女問わず、訪れた人全てが一人のお客様となるはずです。老人介護施設であれば、お年寄りやその家族が対象となります。病院であれば言うまでもなく怪我や病気をしている人です。趣味や教養に関するスクールであれば、それらに興味のある人達が生徒というお客様になります。

ここで出てきた企業にとって、その顧客は全てが一般の人々です。会社勤めをしている人も、買い物をする時に会社の役職を掲げることはありません。企業の社長が趣味でピアノを始めたのであれば、その人がピアノを習う際にはどこかのトップではなく、平等に生徒の一人となります。しかし、中にはこのような個人向けの販売やサービスとは異なり、企業を顧客対象とした事業形態があるはずです。

顧客を集めるためのセミナーであったり、顧客に対する接遇の指導であったり、企業が企業に対して執り行うサービスは数多く存在します。そのアナウンスやサービスをネット上で行っている場合もあるでしょう。ホームページによって企業の目を集めるためには、曖昧な点を省いた的確なホームページ制作が必要となります。対象が企業であるからこそ、抜け目のないホームページ作成をしなければならないとも言えるでしょう。

ホームページでその企業の価値はある程度把握されます。目に留まるホームページを作ったうえで、内容の充実を図る必要があるでしょう。